包皮を手で剥ける

包茎には大きく分けると3種類の包茎に分けられます。
「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」の3種類になってきます。
その中で、最も多いのが「仮性包茎」で、の日本人男性の半分ほどが「仮性包茎」だというようにいわれています。

その次に多いのが「真性包茎」になります。
そもそも、この「仮性包茎」と「真性包茎」の違いがわからない人も中にはいるかもしれません。
特に女性の人にとっては、包茎は全て同じだと認識している人もいるでしょう。
簡単にいいますと、「仮性包茎」は非勃起時や勃起時に包皮が亀頭を覆っていても、手で剥けるという症状をいいます。

それに対して、「真性包茎」は非勃起時でも勃起時でも、包皮を手で剥くことすらできません。
上記にも述べましたが、「真性包茎」より「仮性包茎」の方が圧倒的に人数は多くなります。
「仮性包茎」は様々な問題点はあるものの、性行為を普通に行うこともできますし、通常の日常生活に何ら支障は出てきません。
非勃起時などは常に亀頭は包皮に覆われてはいますが、手を使えば簡単に包皮は剥けますので問題はないように思われますが、それでもすぐ簡単に包皮は戻ってしまいますのでどうしても刺激に強いペニスを作ることができなくなります。

ですので「仮性包茎」の難点に、見た目の問題はもちろんのこと、早漏で悩む男性が非常に多くなってくるのです。
女性を満足させられることができなくなり、女性に対して積極的になれないという男性も少なくはないのです。

Copyright © 2014 仮性包茎と真性包茎の違いとは All Rights Reserved.